選挙の裏側「選挙カー≒レンタカー」

東京都では週末の投票日に向けて

都議会議員選挙が盛り上がっています。


一方の我が居住地の埼玉県某市においても

市議会議員選挙が始まります。

今回は選挙の裏側を「選挙カー」という題材で。

選挙カー

今回、ワタシの勤務先では

市議選に立候補する方々から

レンタカーのご利用依頼をいただきました。


その目的はいわゆる「選挙カー」。

正式には「選挙運動用自動車」と言いまして、

選挙期間中、街なかをガンガンがなりたてる

あのクルマです。

種車

選挙カーに化けるのは、

普段は、普通に貸し出ししている

バン、ワゴンタイプのクルマ。


立候補者のご予算に応じて、

アルファード、ノア・ボクシー、

ハイエースバン、タウンエースバン、

ピクシスバン(軽)等々からご選択可能です。

架装

この種車に装着するキャリアを用意するのが弊社。

以下は専門の業者に依頼して架装してもらいます。

箱看板

候補者の名前を書いた看板ですね。

合わせてその骨組みに拡声用の

ラッパ型スピーカーを取り付けます。

音響装置

車内には専用のアンプ・バッテリー、

マイクなどを設置します。


以下は音響設備の一例。

アンプにはワイヤレスマイク対応のための

アンテナも装着されていますね。

ラッピング

候補者によっては

選挙カーの側面に顔写真やスローガン?などの

文言を掲示する例も。


これ昔は見られませんでしたが、

ラッピング技術発展の成果が

こんなところでも見られるようになりました。


フィルムを切って貼るだけなので、

用途が終われば剥がして元通りです。

費用

で、気になる費用。

これはワタシも内情は分かりませんので、

ネットで調べたんですが、

軽バン使用でざっくりと 30 万円~

という感じのようです。


ちなみに、この費用の一部は

一定の得票数を得られた場合

公費から負担されます。

書き入れ時ですが……

ここからが愚痴が入ります。

今回のように市議選ともなると

それなりの数の候補者が立ちますから、

それに応じて選挙カーのご依頼も

多くいただくことになります。


そうなると、まずそれらの種車を

周囲店舗から集めることから始めます。


集めたクルマは基本的に

店舗駐車場敷地にて架装を行いますから、

その間、空間的制約が生まれます。


選挙カーとして仕立てられたクルマは、

候補者の方のところへ納車、

選挙戦が終われば引取。

これも基本的には店舗スタッフである

私達の担当です。


なわけで、この時期、

店舗では結構バタバタな感じになります。

今後選挙が終われば返却された選挙カーの

架装解除・洗車などがあるわけです。

ささやかなお願い

この選挙需要により、

店舗の売上こそ大きくなりますが、

残念ながらそれが私達の実入りに

反映されることはありません。

候補者の方は見てないかもしれませんが、

「どうぞ、レンタカーはきれいに使ってください。」

現場からせめてものお願いです。。


したっけ。



コメントをどうぞ

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ