新型ハリアープチ試乗!

本日、我が職場に、

新型ハリアーがやってきました。

街なかをほんの数キロですが、

運転できましたのでその感想を。

※ちょっと辛口です。


スポンサードリンク

グレードは

S ハイブリッド FF です。

「レンタカーは低グレード」

っての、もうやめませんか……

キープコンセプト

その前に外観チェック。

ボディカラーは

ホワイトパールクリスタルシャイン。


キープコンセプトですね。

一見してハリアーと分かるスタイルです。

個人的にはこの造形には濃い色が

似合うと思います。


特にフロントはパッと見で、

先代との区別がつかない、

なんて人もいるかも。

サイドビューは腰下の厚みが少し強調されました。

窓下は曲線としてキャラクターラインを

廃したのは好印象ですが、

一方で最近のマツダ車っぽくも。

リヤビューも「ハリアー」。

ですが、メインのライト周りが薄くなり、

ウインカーなどはバンパー部に。


これが賛否両論を生んでいるようで。

内装一新

その一方で、

内装については新しいコンセプトが

取り入れられているようです。

センターコンソールは

馬の鞍をイメージしたそうですが、

個人的には余計な造形に思えます。。


ディスプレイオーディオから

相変わらずの後付感が漂い、

これがデザイン的に……


というのがワタシの感想です。


このクルマはハイブリッドの

リーズナブルグレードですから、

あちこちから漂う素っ気なさが

印象を悪くしている一因かも。

荷室はそれなりに広大で、

ここは好印象ポイント。

試乗!

では、走ってみましょう。

新プラットフォーム共通の

しっとり感はきちんと演出されていて、

ちょっとバタつく印象のあった

兄弟車 RAV4 よりしなやかです。


先代ハリアーからは格段に

走りの質感は向上していることが

分かります。


が、エンジンが始動すると、

その振動がステアリングを通じて

伝わって来てその快適さが

若干スポイルされます。惜しい。


静粛性が高めている分、

それがよりマイナス方向に

働いてしまっているかも。


ちなみに、街なかを

走った感じではそれ以外に

マイナスポイントはありません。

あれ……?

で、運転しながら感じたことを。

「新鮮味が希薄」

これまで Youtube 動画にて

たくさんの高評価を得ていたこのクルマ、

その期待値をもって

運転してみると、

「うーん。それほどでもないかも」

となってしまったようです。


実際、高次元でまとまっていることは

確かなのですが、

なぜか楽しさを感じないクルマでした。

セカンドインプレッションは……

ちょっと厳しい評価になってしまいましたが、

これはあくまでちょろっと

街なかを走った上での印象。


もう少し長距離を走るチャンスに

めぐまれましたならば、

改めて評価をしてみようと思います。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ