新型カローラの涙ぐましい価格低減努力?

華々しく登場した

新型カローラ・カローラツーリング、

その受注台数も目標の約2倍を達成と

かなり順調と言える

一方で「涙ぐましい」とも言える

価格低減のための努力も見え隠れ。


スポンサードリンク

最廉価グレードは……

昨日、ワタシの職場に返却された

新型カローラセダンをみてみましたら、

パーキングブレーキがレバー式でした。


新型カローラは全て電動パーキングブレーキが

標準装備だと思いこんでいたワタシは

ちょっとびっくりしました。


調べたところ、最廉価となる

G-X グレードにはオプション装備と

なっていました。

そのオプション価格は 26,400 円ですが、

このグレードでは TOYOTA Safety Sense は

標準装備とするものの、支援系機能である、

レーダークルーズコントロールが

低速で稼働しない機能限定版だったり、

レーントレーシングアシスト(車線維持機能)、

ブレーキホールドも省略されていたりで

ちょっと残念な仕様。


これらを省略することで、

車両本体価格を低く見せるよう

涙ぐましい努力をしているようです。


で、結局その価格が 193万円。


先代は 1.3Lエンジン搭載車もありましたから、

その最廉価モデル(152万円)と比べると

実に 40 万円の差があります。


もはや以前のカローラという

感覚では買えなくなっています。

その隙間は……

ボディサイズも5ナンバー枠を突破し、

車格もひとつ上に。

これを良しとしない人にとって、

では、次に選ぶクルマは?


となると、トヨタ車で考えると、

現状では「プレミオ・アリオン」という

ことになるのでしょうか。


ただし、この2台については

現行モデル発表が 2007 年ですから

かなり古い型。


で、車両価格が 193 万円~と、

新型カローラと同等ですから、

「5 ナンバー以外無理!」という

物理的制約がない限りは

新型カローラを選ぶのが賢明と言えます。

乗ればわかる

もし当ブログをご覧の方で、

カローラ購入を迷う方がいらっしゃれば、

「まずご試乗を」おすすめします。

その乗り心地、操作性など

質感は格段に高く、旧型よりは

強くおすすめできるクルマです。


その分、後席居住性が少し悪く

なっていますので

許容できるかどうかという視点でも

実際のクルマに触れてみるのが

第一と思われます。


【追伸】
色々書きましたが、この価格帯のセダンですと、
スバル インプレッサG4 辺りが個人的にオススメです。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ