New カローラセダンプチ試乗

本日、満を持して?我が職場にも

カローラセダンがやってきました。

今回は業務の合間にちょろっと

運転する機会に恵まれましたので

その範囲で感想などを。


スポンサードリンク

スタイルよし

グレードは「HYBRID G-X」。

3 つある中での最下位グレードです。

まぁレンタカーですので……


今日は雨模様なので

外観チェックは程々に。


日本国内向けとして全幅などは

抑えられていますが、

旧アクシオに比べますと

低く構えたプロポーションは

なかなかかっこいいと思います。


ただし、このグレードの装着タイヤは

貧相な感じは否めません。

質感向上

では試乗へ。

走り出すと TNGA プラットフォーム共通の

しっとりとした感じがあります。


「カローラ」こんな乗り味になったのか。

と軽く感動。


交差点を曲がるときも、

私の意思どおりに動きます。

ステアリングはスローですが、

程よい重さで、舵をきっただけ

向きを変えてくれます。


当たり前のようですが、

これ、ちゃんとしてない国産車

かなり多いです。

絶妙ブレーキ

さらに関心したのが減速時。

ブレーキ踏みはじめの制動力の

立ち上がりが自然です。


かつてのハイブリッド車にあった

効きの唐突感はほとんどありません。


停止直前の「抜き」操作に

対する挙動についてはまだ少しの

違和感が残りますが、これも

かなり良くなっています。

窮屈

では気になった点。

後席はカローラツーリング以上。

前後スペースはおそらく共通ですが、

調べてみたら 25mm 全高が

低くなってます。


限られた寸法の中でスタイルが

優先されたためか

前席の二人が快適に過ごすための

セダンとなっています。


大人 4 人でツーリング、

という目的には不向きだと思います。

静粛性

もう一つ。

全体的に車内は静かになりました。

そのためか、ザラついた路面を走る時の

ロードノイズが耳に付きますね。

及第点

後半、辛口評価となりましたが、

基本的な性能は格段に向上しており、

とにかく上質な乗り味になりました。


居住性の点については、

例えば昔のカリーナEDとか

コロナ Exiv(私乗ってました)あたりが

許容できるという方で

あればこのクルマは大いにありかと思います。


とにもかくにも、

ちょっと興味あるかもという方は

ぜひご試乗を。


※トヨタレンタカーでも貸し出しはじめました。

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ