忖度なし!「ダイハツ タント」プチ試乗レポート

先日、当ブログでご紹介した

新型 タント

ようやく試乗の機会がやってきました。

とはいえ、

距離としてはほんのちょこっとですが、

この時点で感じたことをまとめてみます。


スポンサードリンク

まず結論

一言でいうと「期待はずれ」です。

以下具体的に説明していきます。

走りの質

全体的な感想

DNGA(Daihatsu New Global Architecture)

による新しいプラットフォームを得て

劇的に改善されるのでは?

という期待をもって運転してみたところ、

まず抱いたのは……

「それほどでもないな」

という印象。


ステアリングの操作感とか、

コーナリング時のボディのすわり感とか

確かに向上したところはありますが、

トヨタの TNGA のそれとは

悪い意味でレベルが違いすぎます。


ただ、あちらはタントのような

スーパーハイトなモデルはなかったので

その辺のセッティングは難しいのかも

しれませんが。

CVT の出来

今回、新開発されたとされる

CVT についても印象はいまいち。

出足でもたつき、

アクセルのレスポンスも悪く、

先代モデルの嫌な部分をまるっと

継承しています。

ブレーキ

これも改善が感じられず。

踏み始めの初期制動が弱いです。

さらにペダルを踏み込んでいっても

全域で制動力が不足している印象。


普通にブレーキが効く他のクルマから

乗り換えると、少し恐怖を覚えます。

室内の質感

では、少し褒めておきます。

室内の質感は向上しています。

特に関心したのはスイッチ類の操作感。


普通車のそれと言うか、

明らかに一世代前の

コンパクトカーより良くなっています。


また、前後列ともシートの

座り心地はかなり良くなりました。

これなら長距離ドライブにも

ある程度耐えられそうです。

買いか否か

とりあえず、的な感じで

書いてみましたがまとめます。


例えば、私が軽自動車の

スーパーハイトクラスで何を買う?

と聞かれれば、残念ながら

「タント」はその候補には入りません。


ただし、これはあくまで、

下から 2 番目のグレードを

ほんの数キロ運転した上での感想ですから、

他グレード、あるいは長距離を運転してみると

気持ちは変わってくる可能性がある

というのを最後に付け加えておきます。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ