トヨタはもはやメーカーにあらず

最近のトヨタについて、

あるいは自動車メーカーについて、

自分なりに思ったことを書いてみます。

トヨタ✕スバル

ここ数日、我が職場には

こんなクルマが展示されています。

トヨタ 86 です。

ちなみに、ただ単に展示しているわけではなく

あくまで明日の貸出に備えたものです。


保有台数の少ないこのクルマが

展示に来るというのはなかなかないんです。


閑話休題。


このクルマはご存知の方も多いですが、

富士重工(現 SUBARU)と

共同開発して生まれたクルマです。


これとほぼ同じクルマが

SUBARU からは「BRZ」という名前で

売られています。


開発段階には両社の人が携わりましたが、

現在生産を行っているのは SUBARU です。

トヨタ✕BMW

お次は、往年のスポーツ「スープラ」。

このクルマは BMW との共同開発です。


こちらも BMW からは Z4 という名前で

オープンカーに形を変えて販売されています。


「スープラ」も開発にトヨタが携わっていますが、

生産は BMW 側の取引先である

マグナ・シュタイヤー社の工場です。

※マグナ・シュタイヤー=独自ブランドを持たない自動車メーカー

トヨタ✕マツダ

近頃、アメリカで販売される

コンパクトカー「ヤリス」の発表が

ありました。


このクルマのベースとなるのは

マツダの「MAZDA2(日本名デミオ)」です。

この顔トヨタ風に変えたものが「ヤリス」になります。

もちろん製造はマツダの工場です。


また、最近ではマツダから直 6 エンジン搭載の

スポーティなクルマの生産について

情報が出てきましたが、これにも

トヨタが絡んでくるのでは?

なんて噂も。

トヨタで作らないトヨタ車

これらは最近の話ですが、

これまでもダイハツからの OEM 関係など

トヨタ内製でないトヨタ車は

数多く世に出てきています。


これで分かる通り、

トヨタほどの大きな会社でさえも

すべてのクルマを自社完結で作ることは

もはや難しい時代になっているということ。


現在、すべて自前で開発して

その開発費を回収できる台数を

売ることが難しいんです。


それでは今後どうするか?


というのが少し前にトヨタが出した

一つの答えで「車種整理」

ということなんだと思います。


この傾向はおそらく加速していくようで

トヨタの自社開発・生産モデルが

どんどん少なくなってくると

もはやメーカーとは言えなくなってくるでしょう。

クルマ → モビリティ

それに呼応するように、豊田章男社長は

「トヨタはクルマを売るのではなく

モビリティ(移動手段)を提供する会社になる」

とぶち上げました。


すなわち「クルマ」にとどまらず

それ以外のものも含めての「移動」を

サービスとして提供していく

ということです。


トヨタは「メーカー」の範疇に収まらないですよ。

と高らかに公言したことになります。

他社はどうでるか?

日本の代表的自動車メーカーであった

トヨタがかくの如くの

「転向」を発表した今、

他の国産車メーカーはどのように

追随していくのか、

さらには自動車業界として

どのように変わっていくのか

興味深くウォッチしていこうと思います。


したっけ。

コメントをどうぞ

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ