次世代型 Toyota Safety Sense をお試し

数日前のお話。

業務にて最新「ヴェルファイア」を

運転する機会がありました。

このクルマにはトヨタの

運転支援システム

「Toyota Safety Sense(以下 TSS)」

の最新型が搭載されています。

 

これをちょっとお試しすることが

できましたのでさらっと

レポートをお届けします。

新機能

まずこの次世代型 TSS に

新たに搭載された機能を

さらっと紹介しておきます。

自動ブレーキ

単眼カメラの機能向上によって

歩行者(昼夜)や自転車(昼)を

識別できるようになりました。

 

LTA(レーントレーシングアシスト)

従来の車線逸脱しそうなときの警告や

操舵支援に加え、レーダークルーズコントロール

(以下 LCC)作動時における車線維持機能が

追加されました。

 

ロードサインアシスト(RSA)

前方のカメラで認識した道路標識を、

マルチインフォメーションディスプレイ(MID)に

表示する機能です。

 

実走レポ

では実際に試します。

自動ブレーキは流石に無理なので

LTA のみのレポートです。

 

※ トヨタでは LTA について

「高速道路、自動車専用道路以外では使用しないで」

というスタンスです。

 

まずは LCC を作動させます。

MID はこんな表示に。

RSA が制限速度と追い越し禁止の

標識を読み取って画面表示していますね。

 

設定下限速度は時速 30 キロになりました。

これはスバル EyeSight や

日産 プロパイロットと同じ。

ようやく同じ土俵に立てたことになります。

 

この状態では車線認識はしておらず、

LTA は稼働していません。

 

車線を認識すると表示が白く表示されます

(走行中なので画像なし)。

さらに LTA が稼働状態になると

その車線の横が青く光ります。

 

この辺の画面遷移は、

EyeSight ツーリングアシストの

それに似ています。

 

また車線を認識できず、

前車を認識することにより

LTA が稼働する場合には

前車との間に白丸の点線が

表示されます。

 

車線が認識できなくなるなどで

LTA がキャンセルされるときに

ブザーがなりますが音量が小さいのが

少し気になりました。


スポンサードリンク

操舵支援の塩梅は

一般道をそれなりの

スピードで流す限りでは、

操舵支援は弱いかなという印象。

 

もっとも、今回は

初回乗車ということで、

この機能をまだ存分に

使いこなせていないため、

本当に触り部分での感想です。

 

どんどん普及を

何れにせよ、

トヨタ車でもついにこの機能を

実現してくれたということは

大いに歓迎されることです。

 

しかもこの 6 月に発表された

カローラスポーツにも

搭載しているという辺りに

トヨタの本気度をみた気がします。

 

したっけ。



 

 

 

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ