金融機関としての楽天をオススメできない理由

私は楽天銀行に口座を持っています。

 

その始まりは前身のイーバンク銀行時代で、

楽天になんの思い入れも無いわけでありますが

しかも色々と印象の悪いことを

やってくれていますので、

本日はあえてそれを書かせていただきます。

 

以下、悪口が続きます。

 

楽天銀行

前述の通り、何年も前ですが

「イーバンク銀行」時代に

ネットオークションでの

決済手段として口座を作りました。

 

いつの間にやら「楽天銀行」に

名前も変わったわけですが、

同時にサービス内容も低下。

 

その代表例が ATM 手数料。

 

まずは出金手数料。

提携 ATM での手数料は

216 円または 270 円。高いですね。

 

で、さらにひどいのは入金時。

 

なんと、口座に入金するときにも

手数料がかかるんです。

 

それは 3 万円未満の入金の時、

同じく 216 円または 270 円の

手数料がかかります。

 

これってひどくないですか?

貧乏人は相手にしないとでも

いいたげな手数料設定です。

 

楽天カード

甘い誘惑に分けて作ってしまいました。

 

そして、現在、残念ながらこちらから

多少の借金(キャッシング)を

しておりまして。。

 

毎月少しずつ返済しているわけですが、

これが期日から一日でも遅れると

日に数回電話がかかってきます。

 

既にメールで知らされていますし、

少し遅れて払込を催促する

ハガキも送られてきます。

 

これらの手間にかかる費用で

利息を負担できるんじゃ?

といえるほど。

 

というわけで、

私の楽天に関する印象は

とにもかくにも「しょっぱい」

ということです。

 

ですので、

フトコロに少しでも余裕が

できましたらば、

楽天からは取引は

やめちゃおうと思っております。

 

最後まで愚痴にお付き合いいただき、

ありがとうございました。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ