トヨタ C-HR 発売!まずは画像チェック

今日はトヨタ車のお話。

 

プリウスに続く TNGA 採用の第二弾となる

C-HR」が本日国内で発売となりました。

 

たまたまタイヤ交換に訪れていた

相方様がナマでみてきたとのことなので、

画像提供を受けての更新です。

C-HRとはどんなクルマ?

ということですので、

私がナマでみたわけではありません。。。

 

まず、私自身のお勉強も兼ねまして、

このクルマの概要を。

 

エクステリア

カテゴリー的にはコンパクトSUVに入りますね。

プラットフォームはプリウスと共通ですが、

だいぶ趣を異にするスタイリングです。

なかなかかっこいいと思います。

ですが、私は最近のトヨタお得意の「キーンルック」が

苦手なので、フロントマスクが

非常に惜しいと思ってしまいます。

 

インテリア

車内はこんな感じ。

画像で見る限り、質感は高そうで、

やはりその辺トヨタはそつなく仕上げてきますね。


スポンサードリンク

足回り

パワートレインにはプリウス共通である

1.8Lエンジン+モーターのハイブリッド(2WD)と

1.2L ターボエンジン(4WD)の 2 種類が用意されました。

 

グレードは「S」と「T」の 2 種類で、

それぞれハイブリッドと

ターボエンジンモデルが

ありますので全部で 4 種類ということになります。

 

私が気になるのはやはり 1.2L ターボモデル。

このエンジンの最高出力は 85kW(116PS)、

最大トルクは 185N・m(18.9kgf・m)とのこと。

 

1470kg という重量にこのパワーは

少々控えめかなとも思えるのですが、

恐らく低速域でトルクを厚くして

扱いやすくしていると思われます。

 

燃費

燃費は JC08モードで 15.4km/l。

こちらも控えめな数値。

燃料タンク容量も 50l とのことですから、

例えば私が冬に通う猪苗代への

往復などはちょっと現地で

走り回ってしまうと途中給油が

必要になってしまいそうです。

 

ボディサイズからして、GT 的使い方は

想定していないのかもしれませんが、

SUV ならばこの辺がもう少し考慮されても

良かったかも。

 

安全装備は

装備関係で好感を持ったのが

TOYOTA Safety Sence P が

全グレードに標準装備となったこと。

 

これは両手を上げて歓迎できることです。

 

世界攻略車種としては当たり前の

ことなのですが、いざ国内向け

となるとなぜかコスト重視となり、

この対策が二の次になるという

この会社の姿勢がいまだに分かりません…

 

いずれにしても

トヨタとしてはかなりの意欲作と

読み取ることができますので、

近いうちに実車に触れに行こうと

思っております。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ