トヨタの「天才タマゴ」もいよいよ終焉か?

本日はクルマの話題。

しかも個人的には「卒業」したトヨタ車について。

お題は「エスティマ」であります。


スポンサードリンク

NEW?

最近、クルマ関連のネットニュースを賑わしているのが、

 

「New エスティマ」登場!

 

というネタなのですが、

実はマイナーチェンジ(以下 MC)です。

「他にネタはないかい?」ってくらい

本来なら地味なニュースなんですけど、

まぁ、それなりに注目されている

クルマということで良しとしましょうか。

変更内容は

その内容は見た目を今風に変え、

安全装備を追加というくらいのもので、

もちろん基本骨格、足回りなどはそのまま。

 

しかもグレードを「アエラス」一本に絞り込むなど、

いかにも「お金かけてませんよ」的変更に留まります。

 

そんな MC  を受けた現行モデルは、

2006 年にフルモデルチェンジ(以下 FMC)されてから、

実に今年が 10 年目。

 

通常の売れ筋グルマは遅くても

5 年で FMC していますから、

いかに力を入れていないかが分かります。

 

さておき、私がなぜこのクルマを

取り上げたかというと、

実家で過去に 2 世代(初代、2 代目)に渡って

乗っていたこともあり、

それなりに思い入れがあるからであります。

初代

まず、「天才タマゴ」の言葉も

華々しく初代モデルが

登場したのが 1990 年。

 

当時、ワゴン車といえばバンベースのキャブオーバー車が

主流だった時代に、乗用専用、しかもエンジンはミッドシップという、

すごい意欲作として登場しました。

 

実はこのモデルは当時開発していた

2 ストロークのコンパクトな

エンジンを搭載する予定だったんですが、

その開発が頓挫、当時あった 4 気筒 2.4L エンジンを

75 度傾けて搭載という、苦肉の策を持って

生まれたモデルです。

 

とはいえ、当時、ワンボックスと言えば

キャブオーバー車が当たり前の世の中に

こんなスタイルのクルマが、

登場したのですからかなり新鮮味がありました。

インテリアも近未来を想起させるものでしたしね。

 

発表当初、私はまだ高校生で、

免許も持っていませんでしたが、

当時代替を考えていた両親を説得し、

晴れて購入となった思い出深いクルマ。

 

ほどなく免許を取得し、

初めてハンドルを握ったのもこのエスティマです。

大学に入ると、実家から離れて暮らしましたが、

時々このクルマを借りて友達と旅行に出かけたりも

していました。

 

今思えば、乗り味としては当時数多存在した、

ワゴン車の中では群を抜いて安定感があり、

若干パワー不足感はあったものの、

程よく高級感もあり、車内スペースの作りなども、

かなり手の込んだ内容だったと記憶しています。

2 代目

そして、2000 年。

「天才タマゴ」初の FMC となるわけですが、

ここで残念ながらエスティマは FF ベースの

普通のクルマに成り下がりました。

 

この FMC から少し立った頃、

マイナートラブルが多発したため、実家でも

初代からこの世代に代替したのですが、

激変した(悪い意味で)乗り味と

ほのかに漂うチープ感に

初代を懐かしく思ったものです。

 

この世代からはハイブリッドモデルも

登場したりするわけですが、

それ以降、実家でもエスティマを

買うことはなくなりました。

 

もっとも、兄妹がすべて独立し、

もはや多人数で移動することがなくなった、

というのが主な理由ではありますが。

最新型?は

で、現在に戻りまして。

この度 MC されたエスティマは、

基本的にはこの 2 世代目からキープコンセプト。

ほとんど魅力を感じないクルマになっています。

 

しかも、今となっては「アルファード」兄弟という、

上級のクルマも登場していますから、

エスティマにコストを掛けて FMC という選択肢は

もはやトヨタ社内には存在しないのかも知れません。

 

なんとも寂しい限りですね。

またあの頃に戻って初代のエスティマに乗りたいなぁ。

と思う今日このごろなのであります。

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ