スキージャーナル休刊……

新年早々ではありますが、

スキー界の寂しい話題です。


スポンサードリンク

 

スキー雑誌老舗が「休刊」

2017 年 12 月 29 日に

Web サイト「スキーチャンネル」に

スキージャーナル休刊のお知らせ(PDF)

掲載されました。

 

いきなりの発表、しかも

年末ということで、

「ああ、そういうことか…」

と粗方想像はついたのですが、

ちょっと深掘りして調べてみました。

 

原因は……

休刊に至らしめたのは、

スキージャーナル社の倒産のようです。

 

ネット上でも、

  • スキージャーナル社従業員は全員解雇
  • 不渡りを出した

などの情報があるので、

いわゆる「年末倒産」ということかと思われます。

 

スキー雑誌の老舗

この業界にいる方はお分かりかと思いますが、

スキージャーナルは 1966 年発刊という

長い歴史を持つ雑誌です。

 

この雑誌が休刊ということは、

スキー業界にも激震となることが

予想されます。

 

※スキー二大誌のもう一つ

スキーグラフィック」は

1978年の発刊です。

 

倒産理由は

定かではありませんが、

不渡りを出したということですから、

自転車操業であったことは

想像できます。

 

スキー業界が盛り上がりつつある中で

もうちょっと頑張れなかったんですかね……

 

※2018/01/15追記

元従業員ら21名から

1月9日に東京地裁へ

破産を申し立てられ、

受理されたことです。

 

休刊後は……

さらに、このスキージャーナル社は

最近、SAJ(全日本スキー連盟)関連の

教程本などを数多く発行したり

していましたので、

今後、この受け皿はどうなるのか

というところは気になるところです。

 

まだ入手可能?

ところで、現在、

直販は既に出来ないようですが、

Amazon 等での取扱はというと……

最終巻となる 2018 年 1 月号は

Amazon では 1,976 円(2018年1月5日現在)

となかなかのお値段に

なっているようで……
したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ