元旦(がんたん)と元日(がんじつ)の違いは?

本年も残すところあと 2 日と少々。

 

皆様におかれましては

すでに仕事納めも終えられて

お休みを満喫されている方も

いらっしゃることと思います

(ワタシは明日まで仕事します)。


スポンサードリンク

 

その違い認識してますか?

さて、話題は年明けに飛びます。

1 月 1 日を表す言葉に

「元旦(がんたん)」

「元日(がんじつ)」

この2つ、違いがわかりますか?

 

最近、SNS などを見ていても

この違いが分かっていない方が

時々いらっしゃるようです。

 

ということで、

皆様も今一度確認してみましょう。

 

答え合わせ

元旦(がんたん)とは

辞書を引くと「元日の朝」とあります。

厳密に言うと「元日の午前中」を

指す言葉として使われることが

多いようです。

 

その意味を紐解くと、、、

「旦」という字には

始まりと言う意味が

含まれているようです。

 

その字形を見ても

水平線から登る太陽を

イメージすることができると思います。

 

元日(がんじつ)とは

既に答えが出てしまいましたが、

元日= 1 月 1 日全体ということです。

 

言い換えれば

「元旦は元日に含まれる」とも。

 

間違った用法

ということで、

字数稼ぎのために実例挙げますが、

例えば、

 

「元旦の夕方」

 

なんて表現は

思い切り矛盾をはらんでいるわけです。

 

正しくは「元日の夕方」ですね。

 

また一つお利口なっちゃったものな~

ということで、

大したネタでもありませんが、

最後までおつきあいいただき

ありがとうございました。

 

年賀状はお早めに

関係ないですが、

年賀状をまだ出されていないという方

お早めに出してくださいね。

 

現在、年賀状は特例として

52 円で送ることができますが、

それも 1 月 7 日まで。

 

以降は通常のハガキと

同額の 62 円となります。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ