会津周遊のお供に「会津ぐるっとカード」

先月中旬でスキーシーズン中断してはや一月

(あわよくばまだ滑りたいと思ってますので

「中断」です)。

 

会津からも足が遠のいてしまいましたが、

また恋しくなってきています。

 

次の訪問を考えている時、

公共交通機関もいいなぁ。

 

思案を巡らせていたら

思い出したのが「会津ぐるっとカード」。

 

かなり前に発行されたので、

まだ販売されているのかなぁと

思って調べてみたら、まだ

取扱があるようです。

 

ここではこの「会津ぐるっとカード」について

自分の予習も込めてまとめてみたいと

思います。

 

会津ぐるっとカードとは?

会津エリアの列車・バスが 2 日間乗り放題

になるカードです(特急、指定席料金などは別途必要)。

また、このカードを提示することで

加盟店舗での割引サービスなども受けられます。

 

利用可能エリア

下記画像の通り。

利用エリアは会津北部が中心ですね。

2004年に柳津、2006 年には喜多方市の

旧熱塩加納村域へ拡大されたそうです

(発売は 2003 年)。

 

入手方法

このカードを手に入れる方法は 2 種類。

  1. 「引換券」を購入し現地で「本券」に引き換え
  2. 現地販売箇所で「本券」を購入

 

※各券の発売箇所は公式サイト参照。

 

価格

大人 2,670 円

子供 1,340 円

かなりリーズナブルです。

発売当初から消費税増税時を

除いて値上げもされていません。

 

エリアへのアクセス

首都圏からと考えると、

主なルートは 3 通り考えられると思います。

 

東北新幹線

郡山乗り換え、猪苗代からエリアに入るパターン。

こちらはそれなりに費用がかかりますが、

所要時間はもっとも短いですね。

 

東武・野岩鉄道

会津高原尾瀬口で会津鉄道に

乗り継いで入口の会津田島駅へ。

鉄道好きにはオススメ。

 

もちろん私もコレを選びます。

今の時期ですと会津線沿線の

桜を愛でながら北上することが

できます。

 

間もなく登場する東武の新しい特急

「リバティ会津」を使えば

浅草から会津田島まで一直線です!

 

高速バス

会津バス、JR バス共同運行の

夢街道会津」を利用するプラン。

これが一番リーズナブルですね。

早割料金で買うとさらにオトクです。

 

入口は猪苗代駅か会津若松駅。

一部の便は喜多方駅まで直通しますので、

そこからこのカードを使うこともできます。

 

ということで、

なかなか魅力たっぷりのこのカード。

普段はクルマでというあなたも

たまには鉄道・バス旅もいいのでは?

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ