Windows Vista のサポート終わりましたよ

最近、自分でも何をやってるか分からない私ですが、

脱サラ前は曲がりなりにも IT 系として

そんな世界に片足に突っ込んでいたこともあります。

 

で、ちょっと前職のことを思い出して、

今日のエントリーでございます。

 

Windows パソコンをお持ちの皆様、

皆さんのパソコンの OS はなんでしょうか。

 

※ OS = オペレーションシステム(パソコンの基本的な動きを司るもの)

 

最新版は Windows 10 ですが、

評判の良かった Windows 7 もまだまだ現役ですね。

 

 

で、その前の Vista っていうのがありました。

このバージョンは評判が悪かったので

未だに使っている方は少数かとは思います。

 

去年のとあるバイトでは

さらにその一つ前の「XP」なんて

のも目にしましたけど……

 

で、この Vista という OS は

つい先日 2017 年 4 月 19 日をもって

そのサポート期間が終了しました。

 

サポート終了ってどういうこと?

 

という質問が良く上がってくるのですが、

 

よく言われる回答が、

「サポート期間が終了すると、セキュリティ更新プログラムの

提供が終了してしまうため、システムの脆弱性があった場合に

非常に危険な状態になってしまいます。」

というものです。

 

ところが、パソコンに不慣れな方に

とってはこの表現自体も意味不明である

ケースが多いです。

 

で、私は空に近い脳みそを絞り出して

さきほどの回答を解説してみましょう。

 

まず、サポートとは

メーカー(この場合はマイクロソフト)が

ある程度安全に使えるようにしてくれること。

 

すなわち「脆弱性」、簡単に言うと「弱点」を

適宜補うように修正をいれてくれます

(Windows Update っていうのが

この弱点をインターネット経由で

直してくれます)。

 

で、サポートが終わると、この

「弱点」が見つかったとしても

それが放置されてしまうという。

 

ということです。

 

これの何が問題か。

 

一つの例をあげますと、

この弱点をついてくる

コンピュータウイルスに

感染しやすくなるということです。

 

コンピュータウイルスに

感染すると、パソコン内のデータを

抜き去られてしまったり、

最悪の場合パソコンが起動

できなくなってしまったり……

と色んな悪さを働きます。

 

なので、対象となる Windows Vista を

使っている人は対処した方がいいですよ。

ということです。

 

で、その具体的な対処はといいますと、

手っ取り早いのは新しいバージョンの

OS が入ったパソコンを買うこと。

 

今まで使ってきたパソコンを

Windows Vista から一つ新しい 7 に

バージョンアップするという方法も

あるにはありますが、

まぁ色々ややこしいことも

出てきますので

初心者さんにはオススメできません。

 

Vista 世代のパソコンは

もう性能的にも何世代も前の機械ですし、

ハードディスクなどの機械的な劣化も進んでいます。

 

ということですので、

もし該当される方がいれば、

これも良い機会だと思いますので

最新のパソコンを買って、

その性能差に驚いてみてください。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ