やっぱりアウトバックが欲しい。その理由

今日は長引く私の病、

「スバル アウトバック欲しい病」について、

なぜ「アウトバック」なのかという辺りを

自分なりに分析してみます。

 

私はこれまで BP → BH → BR と

三世代に渡りレガシィツーリングワゴンを

乗り継いできました

(なぜか順番が違いますけど…(笑))

 

こう来ると、次期愛車としては

当然ながらレヴォーグを…

となるところですが、

そうはならない理由を幾つか

書いてみたいと思います。

 

まず車内の広さ。

 

もちろんレヴォーグとて、

十分な室内空間が確保されています。

 

ただ、BR の広さを一度経験

してしまうと、

「やはり狭い」という印象に

なってしまうんですよね。

 

それが顕著なのが荷室。

 

私の趣味(というか仕事)は

スキーという条件を書いておきます。

 

今シーズンはルーフボックスを

つけずに一冬を過ごしました。

 

最大でスキー 4 セットを車内に積載、

その他荷物も載せていたわけですが、

この全量をレヴォーグに載せると

かなりギッチギチになって

しまうかなという印象です。

 

また、現行レヴォーグは

BR レガシィと同じ車幅がありながら、

室内の横方向のスペースは

インプレッサ(先代)と同等なんですよね。

 

これは最初の試乗で気付きました。

 

そのからくりはサイドシルが幅広いんです。

恐らく、ここでボディ剛性を高めて

いるんだと思います。

 

これが残念ながら乗降性を

悪くさせていて、クルマから降りる際には

足を遠くに投げ出さないといけない

という事になってしまっています。

 

さらに、

インパネ、シート回りなど、どんなに

頑張っても抜けないインプレッサ風味が

気になってしまうんです。

 

この辺りは私が以前の仕事で、

インプレッサのベースグレード車両を

良く運転する機会があったので、

その思いが強いんだろうと思います。

 

ただ、走り出してしまうと、

その辺は一気に吹き飛んでしまうほど

本当によく走るクルマですし、

次期レヴォーグではこの辺は

間違いなく改善されると思いますけどね。

 

そしてもう一つ大きな要因は最低地上高。

 

私は基本的に冬は山にこもる人間です。

今シーズンは本当に良く雪が降りました。

 

そうなると道路・駐車場などで

それなりの積雪となりますので、

私のレガシィではお腹を擦ってしまう

場面にたびたび出くわしました。

 

今のところ走りに影響は出ていませんが、

お腹をするあの音は精神衛生上

良くありませんよね。

 

この最低地上高については、

雪の少なかった昨シーズンまでは

気づかなかった大きな要素でした。

 

ということで、

やはり私はアウトバックなんだなぁ

と再確認をしている今日このごろ

なのであります。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ