国産ブーツ AVIRIVA(アヴィリーバ) 試し履き!

先日、猪苗代リゾートスキー場訪問時のお話。

 

スキースクールの事務所にご挨拶に行くと、

まっさらなスキーブーツが目に入りました。

 

ブランド名は AVIRIVA

聞いたことのない方も

いらっしゃるかもしれませんが、

こちらは 2013 年に生まれたばかりの

国産ブランドです。

 

新ブランドではありますが、

作っているのは「ヘルト」という

会社で、以前はこの名前が

そのままブランド名のブーツを

作っていましたので、

ご存じの方も多いと思います。

 

さて、今回はこのアヴィリーバの

この試乗用のブーツがいくつか

ありましたので、サイズが合うモデルを

ためし履きさせていただきました。

 

モデルは HORNET 130。

比較対象は私が使用しているレクザムの

するのは PowerREX-S S110 の 2013-14 モデル

 

まず手にとって感じるのその軽さ。

カタログ値は 2,280g。

 

私のが 2,530g ですから軽さは歴然。

 

では履いてみましょう。

 

フレックス値 130 ということで、

ちょっと気合を入れてみましたが、

意外にすんなり足が入りました。

 

足を動かしてみても、

固さは我がレクザムと同等。

しなやかに動いてくれます。

 

しばらく履いてみましたが当たりを

感じる所も特にありませんでした。

 

インソールのかかと形状が

狭かったのですが、

これはカスタムインソールで

解決できますね。

 

評価高めでブーツを脱ごうとしたとき、

足首のホールドが強く、

結構な痛みを感じました。

 

これは以前履いていた

レクザムの DATA110 2009-10 モデルに近い印象。

 

また、インナーブーツを

見てみると、つま先部分の

構造がかなり薄く作られています。

 

インナーも全体的に薄く、

だいぶ遊びの少ない構造のようです。

 

厳冬期には寒そうだなぁ……

という印象を持ったのも事実。

 

さて、このモデル、

上代価格は 83,000 円+税となっています。

 

今回、実際にゲレンデで試すことは

しませんでしたが、

そろそろブーツも新調しなければ

いけないので選択肢には加えてみても

いいかなというのが率直な印象です。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ