【山行日誌】山の日記念!大菩薩嶺に登る

8 月 11 日は今年から施行された「山の日」。

 

ならば、山に登るしかない。

 

ということで、友人企画に乗っかって

大菩薩嶺(だいぼさつれい)に登ってきました。

 

山を趣味の一つとしている私ですが、

恥ずかしながら前回の登山

2014 年 11 月 30 日。

すなわち、

去年は一度も山に登ってなかったんですね。

 

ということで、今回の目的地は

初心者向けとの事だったので、

リハビリ登山にうってつけと思い

参加したわけです。

 

今回のルートは大日川峠から。

通常アクセスですと中央道を使って…

となるようですが、高速道路はこの状況。

jartic_R

 

圏央道を青梅まで使い、そこからは

国道 411 号を走って、奥多摩、

丹波山(たばやま)経由で

向かいます。

 

奥多摩湖の奥で小休止。

 

こちらも水が少ないようで、

通称「ドラム缶橋」は通行不能。

DSC00609_R

 

東京から山梨の境を超えつつ

しばらく車を走らせ

大日川峠の市営駐車場に

クルマをとめ、10 時過ぎにスタート。

 

大菩薩嶺は標高 2056.9m と

なかなか高いお山ですが、

スタート時点で 1500m を

超えているため、標高差は

それほどありません。

DSC00611_R

登りは上日川峠→福ちゃん荘→雷岩

と上がる唐松尾根コースを利用、

雷岩からは眺望ゼロ・・・の大菩薩嶺の

ピークまで往復します。

 

DSC00618_R

山頂にて

 

そこからは再び雷岩へ。

ここは携帯の電波が届いているらしく、

今流行のポケモンGOのポケストップにも

なっているようでした。

S_4742218989885_R

ポケモンゲット!

 

そこからは大菩薩峠へ向かう

尾根沿いの道を歩きます。

DSC00623_R

このルートは、天候が良ければ

遠くに富士山をのぞむ

大変素晴らしい眺望とのこと。

 

が、本日はあいにくのガス。

 

もっとも直射日光を

浴びることがないので、

山歩きとしては良い状況では

あったのですが。

 

途中の親不知ノ頭にてランチ。

今回は友人に運転をお任せしましたので、

こいつをいかせていただきました。

DSC00631_R

珍しい赤星

 

ガスはありましたが、

周囲の眺望はそれなりに開けていましたので、

それを楽しみつつの休憩です。

 

お腹を膨らませた後は大菩薩峠へ。

 

ここから大日川峠へ降りるにも

複数のコースが選べますが、

今回は私以外にも

久しぶりの山という方がいたので、

最短で福ちゃん荘へ戻る

ルートをとりました。

 

この下山ルートは、

大菩薩峠にある山小屋へ

物資を運ぶ軽自動車が

通っているようで、

それなりの幅があり、

斜度も緩め。

 

とても歩きやすい道でした。

 

かくして、無事に下山完了。

 

今回のルートは全体を通して

困難な箇所はなく本当に

初心者向けといってよい

印象でした。

 

山のあとといえば温泉。

今回は少し塩山方向へ降りた

ところにある大菩薩の湯にて。

 

料金は 3 時間までなら 610 円。

市内在住の方はお安く入れるようです。

 

お湯は強めのアルカリ性。

とのことでしたが、思うほどの

ぬるぬる感はありませんでした。

 

夕食の時間にはまだ早かったので、

川越まで走り、そこで夕食。

 

イタメシ屋でパスタ一品&ピザ食べ放題。

さらにダメ押しのドルチェ。

IMAG3253_R

IMAG3254_R

ピザは一例です……

IMAG3260_R

本日消費した以上のカロリーを

摂取いたしました……

 

かくして、

久しぶりの山行は

楽しく終えることができました。

 

できれば今年は

また山に登りたいなぁと思います。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

One Response to “【山行日誌】山の日記念!大菩薩嶺に登る”

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ