【アーカイブ】江差線さよならツアー その3

過去の日記掘り出し企画です。

その 1 はこちらから、

その 2 はこちらからご覧ください。

 

※何回かの更新で画像が消失してしまいました。

画像が見つかればアップし直しますので、

当面の間、「フォト」部分は脳内補正で

お楽しみください。。。

 

【ここから転載】

今回のメイン。

いよいよ江差線の最終日です。

3 日目:2014/5/11(日)

朝、5:30 に起床、

無料サービスの朝食をいただいて、

始発の市電で函館駅へ。

フォト

駅に着いたのは 6:40 過ぎ。

江差線 6:53 発の列車は 2 両編成。

フォト

既に満席で既に立っている人も多数。

ほぼ皆さんの目的は一緒と思われますので、

江差まで立ちっぱなし確定。。。

 

木古内でさらに乗車して、混雑率さらに上昇。

と、宮越駅で急病人が発生したようです。

 

この日は各駅に警備員が配備、

この駅にはたまたま JR 社員もいたので、

運転手とも連携も素早く、お客さんを下ろし

救急車を手配したところで発車。

 

各駅での停車時間も長く、

さきほどのアクシデントもあり、

江差には 20 分弱の遅れで到着(定刻なら 9:17)。

 

江差駅からは期間限定で運転していた

巡回バスで街を一周。

 

名所をバス窓からサラッと眺めて、

そのまま一旦駅へ戻ります。

フォト

駅前のお祭りで腹ごしらえ。

フォトフォト

 

今度は徒歩で再び開陽丸方面へ。

まず近くのかもめ島を一周。

フォトフォト
フォトフォト

その足で開陽丸を駆け足で見学。

フォトフォト
中は撮影禁止。。。

駅へはちょうど回ってきたシャトルバスで。

乗る予定列車はやはり約 10 分遅れて到着。

フォト

セレモニーもありほぼそのままの遅れで発車(定刻なら 13:07)。

フォトフォト
こんな並走?があったり。

皆さんそれぞれの方法でお見送りをしているようでした。

フォトフォト

沿線の主要駅ではセレモニーが行われ賑やかでした。

こんな光景も今日で見納めです……

 

廃止区間を走破し木古内に到着。

帰りの特急の指定席がとれなかったため

函館駅まで迎えに行くことに。

 

18 分の遅れで木古内に到着。

乗りつぎ予定だった

スーパー白鳥 11 号(定刻なら14:20発)は

待っていてくれました。

フォト

乗り換えが終わった後も、

さらに交換列車の待ちが加わり

遅延は拡大。通常は函館接続をとる

スーパー北斗との乗り継ぎは

双方が五稜郭に臨時停車することに。

 

函館では折り返すように

再びスーパー白鳥 34 号(15:56 発)に乗車。

新青森着は 18:01 。

そこからは 18:24 発はやぶさ 34 号で一気に大宮へ。

フォト
いかにも速そう

この列車は八戸を通過し、

盛岡での「こまち」併結もない速達列車でした。

車内での夕食は江差駅で買っておいた「新・江差駅弁」 。

フォトフォト

二層の海苔弁でおかずも美味しかったです。

これももちろんなくなっちゃうんでしょうね。。

かくして弾丸的ツアーになりましたが、

新幹線が新函館(仮称)まで伸びると、

一泊函館とかはかなり余裕な感じになりそうですね。

【転載ここまで】

 

今年は留萌本線の

一部区間で廃止になります。

できればまたこんな報告が

できればなと思っております……

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

One Response to “【アーカイブ】江差線さよならツアー その3”

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ