間もなく電力自由化! 「au でんき」について研究しました

いよいよ来月 4 月より「電力自由化」となります。

 

「電力自由化」とは簡単に言うと、電力会社が選べる様になるということ。

ただし、電気はこれまでどおり、従来の電力会社のインフラを使って

送られますので、安定性などについても問題性はないとのこと。

 

私はとにもかくにも東京電力との契約を辞めたいと思い、

さらーっと調べた所、スマホでお世話になっている au(KDDI)でも、

電力事業に参入というニュースがありましたので、

あまり深いことを考えずに申し込んでみることにしました。

 

そのサービス名はシンプルで「au でんき」といいます。

電気料金は東電など従来の電力会社と同等という事ですが、

au スマホを使っている場合は「au でんきセット割」というのが

適用されます。

 

この制度は実際には請求金額の割引ではなくて、

月額利用料金の 1 ~ 5 %がau WALLET プリペイドカードに

キャッシュバックされるという仕組みになっています。

 

※  この割引を享受するためには au WALLET プリペイドカードが必要です。

 

キャッシュバック金額は電気料金月額によって異なり、

4,999 円までは 1 %、

5,000 ~ 7,999 円は 3 %、

8,000 円以上は 5 %

となっています。

 

また、このサービスを利用すると、

au でんきアプリを使って、スマホやパソコンから

電気の使用量がいつでも把握できるようになるそうです

(アプリ提供は 2016 年4 月からの予定)。

 

リアルタイムで使用量が分かる他、

一日の中で、どの時間帯が使用が多いかなどの

分析なども行えるようです。

 

また、アプリの機能の一つとして、

指定した使用量(金額)に達した場合に

通知してくれるなんてのもありますので、

この通知を元に、「今月は電気を使いすぎてるなぁ」

なんて事も把握できるようになるので、

その後の電力量を意識的に抑える事も可能になります。

 

このアプリを使用すれば、

より賢く電気を使うことが可能になってくると思います。

 

この au でんきに申し込み方法は、

現状の検針票(電気使用量のお知らせ)を持って

au ショップに行くだけ。

 

また、Web サイトからも申し込みが可能となっており、

この場合、検針票の項目を入力するだけで

ショップに赴くことなく申し込みが可能です。

 

最後に注意点。

au でんきは利用開始日から 1 年以内に

解約すると 2000 円の違約金がかかりますので、

申し込んだら 1 年はお付き合いしてみてくださいね。

 

さて、今回は 1 社に絞って書いてみましたが、

他にもたくさんの会社がこの度参入してきます。

 

この期に及んで

「まだ何にも考えてないよー。」って方、

電力比較サイト エネチェンジで調べてみましょう。

 

あなたに適した会社も提案してくれて、

その場で契約変更の申し込みまでできますので、

大いに利用して検討されてみるとよろしいかと思います

(サイト自体の使用は無料です)。

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

One Response to “間もなく電力自由化! 「au でんき」について研究しました”

  1. […] 3 月上旬にお送りしたエントリーの続きです。 […]

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ